男性向け夜遊び情報

銀座高級クラブの美人ホステスが恋に落ちる“モテる男の条件”

煌びやかな銀座で働く高級クラブのホステス。

「高嶺の花」だと思っている方が多いかもしれませんが、彼女たちもひとりの女性。

男性客に恋をするホステスも、実は少なくありません。

そこで今回は、銀座高級クラブの美人ホステスが恋に落ちる「モテる男の条件」をお伝えしていきます!

銀座の高級クラブでモテる男=一流


男性客の「夜の社交場」とも言われる銀座。

高級クラブは「座るだけで10万円」といわれることもあるくらい、キャバクラと比べて料金が高いことが特徴です。
また、一見お断りの「紹介制」のお店がほとんどで、ママやホステスの知り合い・もしくは常連客の知り合いでなければ入店すらできません。

加えて、高級クラブでは洗練されたマナーが求められます。

代表的なマナーのひとつが「ドレスコード」で、短パンやサンダルなどのカジュアルな格好では入店できないお店がほとんどです。

このように、銀座の高級クラブで遊べる男は資金力とマナーを兼ね備えた「一部の男」に限られています。
しかし、高級クラブに通っているからといって「一流」であるとは限りません。

銀座の高級クラブでモテるためには、資金力とマナー以上に日頃からの立ち振る舞いが非常に重要です。
そのすべてをこなしてこそ、ホステスからモテる「一流の男」だと言えるでしょう。

銀座のホステスがときめく一流の男の条件とは


では、どのような振る舞いができれば「一流の男」なのでしょうか。
ここからは、銀座のホステスがときめく一流の男の条件をご紹介します。

清潔感がある

ホステスに限らずとも、清潔感があることはモテる男の最低条件です。

  • におい(香水が強すぎないか)
  • 髪型(カットをして整えているか)
  • 服装(くたびれた服を着ていないか)

すべてのケアができていますか?

そして、この3つのケアはもちろんですが、意外とホステスから見られているのが指先です。
特に、爪を伸ばしっぱなしにしているのは絶対にNG!

手入れがされていない爪はそもそも清潔感がありませんし、「適当な人」という印象を与えてしまいがちです。

謙虚である

高級クラブに通えるほどの資金力をもった男性客の中には、ホステスに対して偉そうな態度を取る人も少なくありません。
しかし、ホステスからモテる男は謙虚な人がほとんどです。

自分のことを過剰に卑下する必要はありませんが、

  • 偉そうな態度
  • 上から目線での会話

このような行動はやめておいた方がいいでしょう。

余裕がある

余裕がある男性は、それだけで魅力的です。

男性客の中には、ホステスの気持ちも考えず一方的に気持ちを押し付けて、交際を迫る人もいます。
このようなガツガツとした態度は「自分に余裕がない」と言っているようなものですし、ホステスからしても、気持ちを押し付けてくるだけの男性には惹かれません。

余裕のある男性であれば、ホステスの気持ちを尊重しながらゆっくりと関係を深めていくでしょう。

また、男性客の中には、高級クラブの料金設定に文句を言ったり、ホステスに対して悪口を言いながらお酒を飲む人もいます。
グチグチ文句や悪口を言いながらお酒を飲む姿は、スマートさがありませんよね。

その場にいる人を不快にさせずキレイにお酒が飲めることも、余裕がある男性の特徴です。

趣味がある

趣味があることもモテる男の条件のひとつです。

趣味があればそれだけ会話も弾みますし、会話の節々から知識が伺えます。
会話の中で、ふとした時に感じる男性の知識や教養にときめくホステスは珍しくありません。

約束を守る

「約束を守ること」は人として最低限の礼儀のように思うかもしれませんが、実は意外と約束が守れない男性は少なくありません。

たとえば、同伴や来店の約束をしていたのに当日になってキャンセルをしたり、中には連絡もなく勝手にキャンセルをする人もいます。
このような「約束を守れない男性」が一定数いるからこそ、約束を守る一流の男はホステスからモテるのです。

約束を守る一流の男であれば、やむをえず急用ができて同伴や来店をキャンセルすることになったとしても、別の日程を挙げて必ず穴埋めをします。

時には、ホステスの顔を潰さないように自分の代わりに部下を立たせて、配慮をすることも欠かしません。

ホステスからモテる一流の男になるためには、約束を守ることは必須条件だと言えるでしょう。

人を大切にできる

人を大切にできる男性の特徴に、以下のような点があります。

  1. 友人を大切にしている
  2. 他の女の子や従業員にも優しい
  3. 自分がしてもらったことを覚えている
  4. 「夜の仕事=底辺」というように、職業で差別をしない

男性客の中には、指名のホステス以外の従業員に対して横暴な態度を取る人もいます。

しかし、そのような態度を取ることは、ホステスからの好感度を下げているのと一緒です。
モテる男は、指名のホステス以外の従業員に対しても気遣いや優しさを忘れません。

さらに男性客が「人を大切にしているか」を見定めるポイントが、一緒に来ている友人や部下への態度です。

  • 友人や部下が嫌がる行動をしていないか
  • 友人や部下に対して偉そうな態度をとっていないか

もしこれらに思い当たる節があれば、今すぐに改めた方がいいでしょう。

誰に対しても気さくな対応ができる一流の男は、友人や部下からの信頼も厚いです。

また、「自分がしてもらったことを覚えている」のも一流の男の特徴です。

たとえば、ホステスからもらったプレゼントを会う時に必ず身につけていたり、プレゼントのお返しを忘れなかったり…。
このような細やかな気配りができる男は、ホステス以外の女性からもモテるでしょう。

そして、1番重要なのが「職業で差別をしないこと」です。

男性客の中には「夜の仕事=底辺」というように、ホステスどころか夜職全体を自分より下に見ている人も少なくありません。
一方でホステスからモテる一流の男は、職業で人を差別せず、誰に対しても分け隔てない態度で接します。

何気ない行動で判断される


ここからは、高級クラブのホステスと男性客とのエピソードをお伝えしましょう。

いくら表面上だけ一流のフリをしても、たくさんの男性を見てきているホステスにはすべて見透かされてしまいます。
これからお話しする4つのエピソードは、まさにホステスに本質を見透かされてしまった男性客のお話です。

①高級ブランドを身に着けているだけのケチな男性

高級ブランドを身につけることにステータスを感じる男性も少なくありません。
その男性は、服はもちろん、バッグや小物、靴…身につけているものすべてがハイブランドのものでした。

一見、お金持ちで羽振りの良さそうな男性に見えますし、食いつくホステスも少なくありません。
でも、そういう人に限って実はケチだったりするんです。

たとえば、お店で飲んでいてもずっと値段のことを気にして、できるだけ最低料金で帰ろうとしていたり。
同伴に行ってメニューを見ていても、「できるだけ安いものにして」って言うんですよね。

お金を気にすることは悪いことではありませんが、それを口に出されてしまうとスマートさはありません。
どれだけ高級ブランドを身につけていても、お金の話ばかりしてくるケチな男性に魅力は感じないですよね。

②相手によって態度を変える男性

自分の好みではないホステスが席につくと、あからさまに不機嫌になる男性客がいました。
口数が一気に減って、しまいには「チェンジ」って大声でボーイに指示していて…標的にされたホステスの悲しそうな表情、今でも忘れられません。

高い料金を払っている以上、好みの女の子と話したい気持ちは理解します。
しかし、それが叶わなかったからといって不機嫌になったり、態度を変える必要はありませんよね。

③使ったお金の分だけ見返りを要求してくる男性

「これだけお金を使ったんだから付き合え」と、過度な見返りを求めてくるお客様も稀にいます。
もちろんお断りしますが、「じゃあ、使ったお金を返せ!」と迫ってくる人も珍しくありません。

そして、見返りを要求してくるお客様は、普段の態度も少し偉そうな方が多い印象です。
「お金さえあれば、自分がやりたいようにできる」と思っていらっしゃるのかもしれませんが…本当にお金持ちの方ほど、見返りを求めずスマートに飲んで帰られますよ。

④女に見境ない男性

夜の業界って、意外と狭い世界で成り立っているんです。
だから、「〇〇の店のホステスと常連の△△さんが付き合っているらしい」というような、男女関係の噂話は結構耳に入ってきます。

その一方で、女に見境のないお客様の話を聞くことも珍しくありません。

特に、同時進行でいろいろなホステスを口説いているお客様の話は、よく耳にしますよ。
そしてそのようなお客様に対しては、慎重に対応するホステスがほとんどでしょう。

たくさんのホステスが働いているからこそ、一途に自分だけを応援してくれるお客様が銀座ではモテますよ。

男を磨けば銀座高級クラブのホステスを落とせる


銀座高級クラブのホステスを落とすためには、まず自分自身が男を磨く必要があります。

そしてなにより、「銀座の高級クラブのホステスが恋に落ちる男性像を理解すること」がモテる男への近道です。

当記事を参考に男を磨けば、高級クラブのホステスとお付き合いをすることもできますよ。
一流の男になって、銀座のホステスとの恋愛を楽しみましょう!

RELATED POST