男性向け夜遊び情報

銀座の高級クラブで遊ぶとお金はいくらかかる?料金相場ご紹介!

男なら一度は憧れるであろう銀座の高級クラブ。
「座るだけで10万円はかかる」といわれることもあるくらい、料金が高いイメージがありますよね。

そこで今回は、高級クラブの料金相場を徹底解説していきます!

「いつか銀座の高級クラブで遊んでみたい」と思っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

銀座の高級クラブの料金相場は約10万円から


実は、「銀座の高級クラブは座るだけで10万円はかかる」という言葉は、非常に的を得ています。

なぜなら、銀座の高級クラブで遊ぶためには、最低でも10万円はみておく必要があるからです。

高級クラブは平均90分前後を1セットとしているお店が多く、1セットの料金相場は4万円~です。

「4万円だったら、座るだけで10万円はいかないんじゃない?」と疑問に思う方がいるかもしれませんが、基本のセット料金に加えてサービス料や消費税、ボトル代などが発生します。

後から詳しく説明しますが、高級クラブのサービス料はキャバクラよりもかなり高額です。
高級クラブが高いといわれる理由は、「サービス料にある」といっても過言ではありません。

もちろんお店によって料金は異なるので一概にはいえませんが、高級クラブの場合は10万円以上持っておいた方が安心して楽しめるでしょう。

高級クラブの料金内訳


ではさっそく、高級クラブの料金内訳を詳しくみていきましょう!

セット料金

セット料金とはいわゆる「座席代」で、席に座っただけでかかる料金のことです。

セット料金の相場は1人あたり4万円~で、時間は90分、もしくは120分制のお店がほとんどです。

たとえば1人で来店して90分滞在した場合は、「4万円×サービス料×消費税」が料金のベースとなります。

仮にセット料金を4万円・サービス料を40%で計算すると、「4万円×1.4×1.1=4万8千4百円」になりますね。


ミネラル・一品・ボトル

高級クラブのメニューには、以下のようなものがあります。

  • 一品
  • ボトル
  • ミネラル

では、それぞれを詳しくみていきましょう。

まず「一品」とは、お菓子やおつまみのことで、1品3千円~が相場です。
お店によっては、初めからテーブルに用意されていることもあります。

一品のことは「チャーム」とも呼ばれます。
キャバクラでは「チャーム」と呼ぶお店の方が多いかもしれません。

次に「ボトル」とは、お酒のことを指します。
銀座の高級クラブには、シャンパンやワインの抜きものをはじめ、キープしておける焼酎やブランデーなども豊富にありますが、初回はキープボトルを入れるようにしましょう。

銀座の高級クラブでは「初回にキープボトルを入れる=定番」とされているからです。

お酒が飲めなくても「ホステス用に」と、キープボトルを入れる人がほとんどです。

また、ボトルは種類によって料金が異なるので注意しましょう。
たとえばキープボトルであれば約2万円~、シャンパンの中でも有名な「ドンペリ」であれば約5万円が料金相場となっています。

最後に「ミネラル」についてですが、あまり聞きなじみのない方がいるかもしれません。
ミネラルとは「飲料水」のことを指しており、500mlで千円~2千円が相場です。

キャバクラ・ラウンジとさまざまな夜のお店がありますが、飲料水にお金が発生するのは高級クラブだけでしょう。
もちろんミネラル以外にも、ジュースやお茶などのソフトドリンクもあるので、お酒が飲めない方はそちらを注文するのもおすすめです。

チャージ料金

居酒屋やBARなどに行くと、「チャージ料金」が発生することがありますよね。
銀座の高級クラブでもそれは例外ではなく、飲食店定番の「テーブルチャージ」を含めて、4つのチャージ料金が発生します。

  • AC(オールチャージ)
  • BC(ボーイチャージ)
  • TC(テーブルチャージ)
  • TTC(追加テーブルチャージ)

では、これらのチャージ料金について詳しくみていきましょう。

高級クラブでは担当ホステス以外にも、複数人のヘルプホステスが席についてくれます。

そのヘルプホステスを確保するための料金として発生しているのが、「AC(オールチャージ)」です。
ACによく似ているのが「BC(ボーイチャージ)」で、こちらは黒服をチャージするために発生しています。
両方とも相場は1人あたり4千円~です。

TC(テーブルチャージ)TTC(追加テーブルチャージ)は、似ているようで少し異なる部分があります。
TCは強制的に発生する料金のことで、相場は1人あたり4千円~です。

一方のTTCは、キャバクラでいうところの「延長料金」に該当します。
1セットの時間を超えて滞在する場合に発生する料金のことで、30分ごとに加算されるお店がほとんどです。

料金相場は30分3千円~で、こちらからチェックしない限り自動で延長されるお店が多いので気をつけましょう。

AC・BC・TCが初回のセット料金に含まれているお店もあります!
チャージ料金はお店によって異なるので、気になる方は必ずお店の方に確認しておきましょう。


大半はサービス料

実は、銀座の高級クラブで発生する料金のほとんどがサービス料だといっても、過言ではありません。

サービス料とは、注文した金額に対して課せられる料金のことで、高級クラブに限らず夜のお店では必ずといっていいほど発生します。

サービス料はキャバクラやラウンジでは20~30%、高級クラブの場合はそのさらに上、45~50%が相場です。

お店によってはサービス料金のことを「サービスチャージ(SC)」と呼ぶところもあります。



また、サービス料とは別に消費税も加算されるので注意しましょう。
お店によっては、サービス料と消費税をまとめて記載しているところもあります。

料金目安は『5万円+ボトル代×サービス料金×TAX』

銀座の高級クラブで遊ぶための料金目安は、1人あたり「約5万円(セット料金+各チャージ料)+ボトル代×サービス料×TAX」だと考えておきましょう。

食事をした場合は追加で料金が発生するので要注意!



そして、銀座の高級クラブで遊ぶにあたって、覚えておきたいポイントは以下の3つです。

  1. お店によって料金が異なること
  2. サービス料として45~50%が発生すること
  3. 「紹介制」のお店の場合、一見では入店できない可能性があること

この3つを頭に入れておけば、高級クラブで楽しく遊べるでしょう!
夜の街を代表する銀座で、ぜひ極上のひと時を過ごしてくださいね。