男性向け夜遊び情報

銀座の有名老舗高級クラブと有名ママをご紹介

男なら一度は憧れるであろう銀座の高級クラブ。
しかし、銀座にどのようなお店があって、どのような人が働いているのかを知らない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、銀座を代表する老舗高級クラブをはじめ、銀座で働く有名なママをご紹介します!

銀座を代表する“老舗”高級クラブ


まずは、銀座を代表する老舗高級クラブをご紹介します。

どのお店も、夜の銀座を支えてきた名店です!

CLUB 稲葉 銀座(イナバ)

引用元:https://www.ginza-inaba.com/

銀座のレジェンドとも呼ばれる「白坂亜紀」さんがオーナーママを務める「稲葉」は、銀座で飲み歩いている人で、その名を知らない人はいないほどの有名店。

稲葉は並木通りにあるルイ・ヴィトン近くの建物の地下1階にあり、高級感がありながらも落ち着いた雰囲気のお店です。

クラブ稲葉 七丁目店

東京都中央区銀座7-6-2 門ビルB1F
月曜~金曜 20:00~0:00
https://www.ginza-inaba.com/


銀座高級クラブ・ピロポ

引用元:http://piropo.co.jp/floorguide/index.html

銀座高級クラブ「ピロポ」の歴史は長く、1970年に銀座に誕生しました。

移りゆく時代とともにピロポも変化を遂げており、2013年にはスペシャルリニューアルオープンを果たし、さらに魅力あふれるお店へと変貌を遂げています。

銀座の夜を支え、そしてともに成長してきた銀座を代表する名店のひとつです。

銀座 高級クラブ ピロポ

東京都中央区銀座6-6-11 第四ポールスタービル3F
月曜~金曜 20:00~0:00
http://piropo.co.jp/floorguide/index.html


クラブ藍(らん)

引用元:https://club-okayama.com/ai/

わずか26歳の銀座最年少ママを輩出したことで話題となった「藍」は、銀座で10年以上の営業実績を誇る老舗の高級クラブです。

店内にはワインセラーもあるため、ワイン好きの方にもおすすめ!

洗練された空間の中で、ゆったりとお酒を楽しめますよ。

クラブ藍(らん)

東京都中央区銀座8-6-24 銀座会館3階
月曜~金曜 20:00~翌1:00
https://club-okayama.com/ai/


THIRD FLOOR(サードフロアー)

引用元:https://www.koyu-g.co.jp/thirdfloor/

銀座で30年以上の営業実績を誇る「サードフロアー」は、その長年の実績から接待の場として選ばれることも多い会員制高級クラブです。

サードフロアーは、並木通りにある有名な「ポルシェビル」の3階にあり、ビルエントランスにはその名を象徴するかのようにポルシェが飾られています。

銀座を代表するロケーションで、いつもとは違うひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

サードフロアー(THIRD FLOOR)

東京都中央区銀座8-6-18 奥村(旧ポルシェ)プラッツビル3F
月曜~金曜 20:00~0:00
https://www.koyu-g.co.jp/thirdfloor/


ニュー・パルテノン銀座

引用元:http://www.parthenon.co.jp/


「ニュー・パルテノン」は、銀座で30年以上営業している老舗高級クラブです。

敷居を高く感じやすい高級クラブだからこそ、お客様がリラックスできる会話とサービスを提供しています。
昔ながらの銀座の雰囲気をそのまま肌で感じられるのは、ニュー・パルテノンならでは。

上質な時間を過ごしたい方は、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

ニュー・パルテノン

東京都中央区銀座7-6-12 第5ポールスタービルB1
月曜~金曜 20:00~24:000
http://www.parthenon.co.jp/


銀座高級クラブの“有名”ママ


ではここからは、銀座高級クラブの有名ママを6名ご紹介しましょう!

CLUB 稲葉 銀座のママ『白坂亜紀』さん


前に紹介した銀座高級クラブ「稲葉」のオーナーママである白坂亜紀さんは、メディアへの出演をはじめ、本も出版されている銀座を代表する有名ママです。

白坂さんは、大学生の頃に知人の紹介でクラブ勤務を始めました。
はじめこそアルバイト感覚で働いていた白坂さんでしたが、少しずつ女性が主役になれるクラブの仕事にやりがいを感じ始めます。
そしてなんと、大学在籍中にママの座にまで登りつめました。

銀座のママとして名を上げた白坂さんは現在、「稲葉」以外にも小料理店やラウンジなど、4店舗ものお店を経営する経営者としても名を馳せています。

白坂さんの著書である「銀座の流儀」は、銀座で培ってきたスキルが惜しみなく記されている本です。
ビジネスにも応用できることばかりなので、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

クラブ「Nanae」のママ『唐沢菜々江』さん


最近では、YouTuberのてんちむさんが在籍していることで知られる「クラブ Nanae」。
その「クラブ Nanae」のオーナーママを勤めているのが、唐沢奈々江さんです。

唐沢さんは、25歳の時にスカウトされたことがきっかけで、銀座ホステスデビュー。
その後、29歳の時に当時働いていた「ルーチェ」というお店でママになりました。
そして時は経ち、唐沢さんが銀座で働き始めて20年後の6月27日。
ついに「クラブ Nanae」が銀座に誕生し、唐沢さんは1人で生きていく覚悟をしてオーナーママに就任しました。

現在の唐沢さんは、Instagramでの情報発信に加えて、YouTubeも更新されています。
また、テレビにも多数出演しており、2020年には「ザ・ノンフィクション」への出演を果たし話題にもなりました。
これからも、銀座で生きる女性として、時代の変化にも対応しながら活躍し続けるであろう唐沢さんに注目です。

「ル・ジャルダン」のママ『望月明美』さん


銀座の高級クラブ「ル・ジャルダン」のオーナーママとして有名な望月明美さん。

コロナ禍をきっかけに、オンラインキャバクラである「スマキャバ」に加盟したことでも、話題を呼びましたよね。

望月さんは17歳で銀座デビューを果たし、その後31歳で独立。
「ル・ジャルダン」をオープンします。
そして望月さんといえば、上場企業の社長や芸能人・スポーツ選手など、いわゆるVIP顧客をたくさん抱えていることでも有名です。
望月さんの著書「愛され美人といい男の秘密」では、ご自身の経験をベースに「男と女」について赤裸々に綴られています。

現在望月さんは、オーナーママ以外にも、ホステスを育成するための学校「お水大学」の講師として活躍中です。
また、大人気テレビ番組「マツコ会議」への出演など、テレビでお見かけすることも増えてきました。

これから、ますます活躍されるであろう望月さんから目が離せませんね。

クラブ「Blair」のママ『唯吹明日香』さん


銀座の会員制高級クラブの「Blair」のオーナーママを務める唯吹明日香さん。

クラブのオーナーママにとどまらず、バーの経営、美容クリニックやオーガニックコスメのブランドの立ち上げなど、起業家としての一面も持っている女性です。

唯吹さんの水商売人生は大阪・北新地から始まりました。
北新地で約3年ほど働いた頃、友人からの勧めもあって上京を決意。
当時26歳で銀座デビューを果たします。
そして、28歳の時に銀座の高級クラブ「柳」のママに登りつめました。

「Blair」をオープンしたのは唯吹さんが31歳の時。
もともと努力家だったこと。そして、負けず嫌いな性格が功を奏し、31歳という若さでオーナーママとして、銀座の夜の世界を牽引するひとりとなったのです。

現在唯吹さんは、InstagramなどのSNSでも情報を発信されています。
興味がある方は、ぜひ覗いてみてはいかがでしょうか。

クラブ「由美」のママ『伊藤由美』さん


銀座の高級クラブ「由美」のオーナーママを務める伊藤由美さん。

動物愛護活動をライフワークとされており、「公益財団法人動物環境・福祉協会Eva」の理事長も務めてられています。

伊藤さんは18歳の時に上京し、ホステスデビューを果たしました。
そして、19歳で「クラブ 宮田」のナンバーワンとなり、22歳の時には勝新太郎さんの店としても知られる「クラブ 修」のママに抜擢されます。
現在オーナーママを務めている「クラブ 由美」は、なんと伊藤さんが23歳の時にオープンしたお店です。

さらに、伊藤さんの活躍は銀座だけにとどまりません。
ご自身の経験をもとに著書を出版されていたり、ご長寿テレビ番組「徹子の部屋」への出演経験もあるなど、マルチに活躍されています。

伊藤さんの著書である「スイスイ出世する人、デキるのに不遇な人 ~銀座ママが教える『リーダーになる人』28の共通点~」には、オーナーママとして数多くのエリート男性を見てきた伊藤さんだからこそ語れる内容が盛りだくさん!
リーダーとして活躍していきたいと考えている方は、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

「ルナピエーナ」のママ『日高利美』さん


銀座の高級クラブ「ルナピエーナ」のオーナーママを務める日高利美さん。

オーナーママの枠を飛び越えて、多数の書籍を出版されたり国内外で講師を務めるなど、さまざまな活動をされています。

日高さんは、品川女子大学院を中退し、18歳で銀座の世界に飛び込んだ異例の経歴の持ち主です。
しかし、1軒目のお店をわずか1週間でクビになってしまい挫折を経験…。
順風満帆なスタートとはいかなかったものの、その後一流の接客術を身につけ、なんと26歳の若さで「ルナピエーナ」をオープンしました。

近頃は、「人づきあいのプロフェッショナル」としてメディアからも注目されている日高さん。
現代を生きる社会人にとって欠かせない「雑談力」をテーマにした著書「銀座の雑談手帳」は、すぐに実践できる雑談スキルがギュッと詰まった1冊です。

また、日高さんはInstagramをはじめとしたSNSでの発信も積極的に行われているので、気になった方はチェックしてみてはいかがでしょうか。
日々の投稿に、成功へのヒントが隠されているかもしれませんよ。

高級クラブに行くなら迷わず銀座


「夜の街」として名を馳せてきた銀座。
銀座に対して敷居の高さを感じている人が多いかもしれませんが、高級クラブに行くのであれば、やはり銀座は外せないでしょう。
ぜひ、高級クラブの有名ママに会いに行ってみてくださいね!

RELATED POST