男性向け夜遊び情報

6つのポイントで分かる!クラブとキャバクラの違い

「クラブとキャバクラ、どちらもよく聞くけど何が違うんだろう」と、疑問に感じたことはありませんか?

その疑問どおり、実はクラブとキャバクラはシステムや料金がまったく異なるお店です。

そこで今回は、意外と知らないクラブとキャバクラの違いを徹底的に解説します!

クラブとキャバクラの違い説明できますか?

突然ですが、クラブとキャバクラの違いを説明できますか?

どちらも「女性と会話やお酒を楽しめるお店」であるため、違いを知らない人も多いのではないでしょうか。

実際、プライベートでキャバクラに通っている人が接待でクラブへ行くと、雰囲気の差に戸惑ってしまうこともあるようです。

クラブとキャバクラの違いはお店選びの基準にもなることなので、知っておいて損はありません。

ここから、大きく2つの項目に分けてクラブとキャバクラの違いを説明していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

クラブとキャバクラの6つ違い

まずは、クラブとキャバクラの6つの違いを解説します。

料金システムが違う

クラブとキャバクラでは、料金システムが異なっています。

  • クラブ
    基本的に時間の縛りがなく、「セット料金=座席代」の感覚に近い
  • キャバクラ
    「1時間で◯千円」と決められており、滞在時間やオーダーに合わせて料金が加算される

キャバクラは無料のハウスボトルが提供されるため、極端な話、指名や延長・オーダーをしなければセット料金の金額だけで遊べます。

「ハウスボトル」とは、お店側があらかじめ用意しているお酒のこと。指定されたウィスキーや焼酎から好きなものを選べます。

たとえば、「60分1セット=8千円」のお店の場合、指名やオーダーをしなければ「8千円にサービス料や消費税が加算された料金」だけを支払えばOKです。

ただし、サービス料はお店によって異なるため、事前に確認してくださいね。

一方クラブの場合は、セット料金はあくまで「座席代」。

そのため、お酒代や指名代・チャージ料金など、さまざまな追加料金が必ず発生します。

クラブの場合は、「セット料金+(チャージ料金)+ボトル代×サービス料×消費税」が料金のベースです。

その中でもチャージ料金は、あらかじめセット料金の中に含まれていることもあれば、セット料金に別途加算されることもあるので注意が必要です。

会計時に焦らないためにも、事前に確認しておくことをオススメします!

お店の顔「ママ」の存在

夜の世界を舞台にしたテレビドラマで、「ママ」と呼ばれる人物がよく登場しますよね。

そのママは、実はクラブにしか存在していないことを知っていましたか?

ママとは

お店の経営者のことで、「オーナーママ」「大ママ」と呼ばれることもあります。

まさに「お店の顔」とも呼べる存在で、ママの名前がそのまま店名になっていることも珍しくありません。

また、お店の中にはオーナーママ以外にも、「チーママ」「小ママ」と呼ばれるホステスが存在しており、オーナーママのサポートにあたっています。

銀座や北新地には、メディアに出演するくらい有名なママがたくさんいます。機会があれば、ぜひ会いに行ってみてくださいね。

接客スタイルが違う

クラブとキャバクラでは、接客スタイルも大きく異なっています。

  • クラブ
    複数人接客
  • キャバクラ
    マンツーマン接客

「フリー」と呼ばれる指名のない状態で入店した場合、キャバクラであれば1セットにつき3人のキャストが順番についてくれます。

もちろん気に入ったキャストがいれば、その場で指名することも可能です。

お店に入店してからキャストを指名することを、「場内指名」といいます。

一方クラブの場合は、たとえひとりで入店したとしても、指名のホステスを含む複数人のホステスが席についてくれます。

1人のキャストとゆっくり会話ができるキャバクラと違って、複数人でワイワイ会話をするのがクラブの特徴だといえるでしょう。

指名システムが違う

クラブとキャバクラは、指名システムにも違いがあります。

  • クラブ
    永久指名制
  • キャバクラ
    指名替え可能

クラブでは、「永久指名制」と呼ばれる指名システムが採用されています。

そのため、指名ホステス以外に気に入ったホステスがいたとしても、指名自体を変えることはできません。

その代わり、クラブは前にも説明した「複数人接客」が基本なので、指名ホステスに頼めば新しく気に入ったホステスを席に呼ぶことはできますよ。

クラブは紹介制のお店がほとんどです。仮にAさんの紹介で入店した場合、「Aさんが指名しているホステス」があなたの指名ホステスになります。

一方のキャバクラは、気軽に指名替えできるメリットがあります。

たとえ指名しているキャストがいたとしても、他に気に入ったキャストがいれば指名替えをして構いません。

また、気に入っているキャストが複数人いる場合は、人数分の指名料を払えば全員を指名することも可能です。

客層が違う

クラブとキャバクラでは、料金の差から客層にも違いが生まれています。

  • クラブ
    企業の経営者や著名人が多く来店する
  • キャバクラ
    学生やサラリーマンをはじめ、経営者などの姿もみられる

クラブは、料金の高さから客層がかなり絞られています。

ほとんどのお店が紹介制ということもあり、限られた人しか入店できないのも客層が狭い理由でしょう。

一方のキャバクラは、クラブよりも安く遊べるお店が多いため、客層の広さが目立ちます。

キャバクラはエリアやお店によって料金に差があるため、自分の予算内で遊べるお店を見つけやすいのが嬉しいですよね。

衣装が違う

クラブとキャバクラでは、女性の衣装にも違いがあります。

  • クラブ
    着物や上品なワンピース
  • キャバクラ
    華やかなドレス

クラブでは、ママは着物・その他のホステスは上品なワンピーススタイルが基本です。

一方のキャバクラでは、華やかなドレススタイルのキャストが出迎えてくれますよ。

また、お店によっては「ロング丈のドレスはNG」「黒色のドレスは着用不可」など、細かな規定があるのもキャバクラの特徴。

キャバクラの場合、キャストによってドレスの系統は違えど、露出度の高いドレスを着用しているキャストが多い傾向があります。

どっちに行く?クラブとキャバクラは用途で使い分ける

クラブとキャバクラは、用途によって使い分けるのが基本です。

最後に、オススメの使用シーンをそれぞれ紹介します。

クラブの場合

  • クラブは、なんといっても接待に使うのがオススメです。

特に、取引先が落ち着いた雰囲気を好んでいる場合は、クラブが最適でしょう。
また、クラブで働いているホステスたちは、ママからの指導を受けて接待のことを心得ているプロばかり。

安心して彼女たちにその場を任せておけば、取引先に満足してもらえる空間を作りだしてくれますよ。

キャバクラの場合

  • キャバクラは、ひとりでゆっくり飲みたい時はもちろん、大人数でワイワイ楽しみたい時にもオススメです。
お店によっては「VIPルーム」と呼ばれる個室が備わっているので、接待などでクローズドな会話をしたい時にも安心して使えますよ。

そして、キャバクラといえば、キャストとの「疑似恋愛」を楽しめるのもポイントのひとつ。

お気に入りのキャストとのひと時を、ぜひ楽しんでくださいね。

さくっと解説!高級ラウンジとキャバクラの違いって何?突然ですが、高級ラウンジとキャバクラの違いを知っていますか? どちらも「夜のお店」であることには間違いありませんが、料金システムや...
新宿・歌舞伎町にある高級キャバクラおすすめ人気店10選!キャバクラの聖地を完全攻略!新宿・歌舞伎町。 店舗数・知名度・キャストのレベル…どれをとっても、まさに「キャバクラの聖地」と呼ぶにふさわしい、日本を代表する夜...
RELATED POST